« 新・ロウビキ紐入荷 | トップページ | ポイント3倍&定形外無料サービス! »

2012/11/27

ロウビキ紐・裂いて使う時

何かの作り方じゃありませんが、今日はロウビキ紐を裂いて、細くするやり方です~。

チャムランに新入荷のロウビキはポリエステル紐で、裂いて使うことも出来ます。

もともと仕入れるときに裂いてシニュー糸として使えますよって言われていました。(レザー製品を縫うときに使う糸)

さっそくやってみました。
少しだけ細いロウビキが必要な時に便利です~!
あまり長いと裂くのに大変かもしれません。今回は1Mやってみました~。

Img_2557
使用ロウビキ・ロウビキB のコーラルレッド 1M

Img_2558
爪で力を加えてこのくらい裂きます。

Img_2560
両側にゆっくり引っ張りながら、分けていきます。
縒りがかかっているので、少しずつ進めてくださいね。

Img_2562
20~30cm程で一旦裂くのをやめて、片方ずつ縒りを戻します。
指でしっかり引っ張りながらくるくるくる~

Img_2563
右がくるくるした方です~。

Img_2565
両方くるくるが終わったら、また裂き始めます。

Img_2566
またくるくるくる~
裂いて、くるくる~の繰り返しです。

Img_2568
1本のロウビキが2本になりました!
より細くしたい時・・3本も可能かもしれません。

Img_2569
右が裂いて細くなったロウビキです。左は1mmのまま。
(写真は一度ドライヤーを当ててピンとさせました。)
裂くともちろん縒りが少し甘くなるのですが、最後にドライヤーを当てるといいです。
気になる方はロウをお持ちだったら少し加えてくるくる縒ってあげるといいと思います!

以上、こんな感じです。
必要になったらこのページを見ながらぜひやってみてくださいね!
※ちなみにロウビキAタイプでも出来ますね~。

こちらの記事は「ちょこっと編み方」にも入れました。

|

« 新・ロウビキ紐入荷 | トップページ | ポイント3倍&定形外無料サービス! »