2017年2月21日 (火)

フレーム編み・飾りバチカン編

前回のフレーム編みで天然石全体を包むことが出来たら、飾りバチカンに挑戦しましょう!

※あくまでもチャムラン・hiroの編み方になります。
正解はないので、参考にしてくださいね♪

まだフレーム編みをしてない方はこちらです。→「フレーム編み・基本

Bati0
こんな感じです。
こちらは、前回と同じ石を使っています。
中ヘンプで包んでみました。
太いかなーと思いましたが、これでもいいかも!
今日はチャムランの中ヘンプを使用して説明しますね!

今回はバチカン部分に紐を使うので、基本の編み方に芯はプラス20cm
編み紐はプラス50cmしました。
なので、芯70cm×2本、編み紐170cm1本です。
(あと10cm短くてもよさそうですけど、最後に結ぶ時に少し長さがあった方が結びやすいので。)
そして、前回は20cmのところからフレーム編みを開始しましたが、
今回は30cmのところから始めてください。

1 前回の「フレーム編み・基本」で24番まで終わったところです。
Bati01
編み紐は長くしているので、片側は長く残っているはずです。
私の場合は左側になるように置きました。

2 上の画像に書いてる、編み紐だった紐・・の長い方を
編み紐で使っていきます。
編み紐を手で持って、左側の外へ置きます。
左側上下の芯紐だった紐を2本一緒にまた芯にして、縦巻き結びをします。

Bati02
イラストの左の方です。
縦巻き結び(左から右へ)
Tate1

Bati03

4 同じ編み紐で続けてもう一度。
Bati32
上のイラストの右側です。右に引っ張って引き締めます。

5 上で作った縦巻き結び一回の横に、横巻き結びを1回します。
Bati04


Bati05

イラストにすると、こうなります。
Dsc_1998
7 ここまでで、縦巻き1回・横巻き1回になってます。
Bati06

8 また左から右への縦巻きです。
Bati07
Bati08
10
Bati09
画像でわからない場合は、イラストをご覧くださいー。
Dsc_1999

11 縦巻き1回・横巻き1回・縦巻き1回と並びました。
今度は右から左へと戻ります。
Bati10

11
Bati11

画像がわかりにくい方はイラストをどうぞ!
Tate2
縦に、縦巻きが2つ重なることになります。

12 次は横巻き・・なのですが、
ここで、カラーヘンプをプラスします。50cm1本です。
Bati12

13
Bati13

14 
Bati14
15
Bati15
  続けて↓↓です。

16 
Bati16
これで引き締めます。
※11番の下のイラスト参照です。
16
Bati17
17
Bati18
18 赤い紐が2本なので、横巻きは2回編むことになります。
Bati19
※6番の下のイラスト参照です。
Bati21
19
Bati22
20 縦巻き1回・横巻き2回・縦巻き1回 という並びになります。
Bati23

21
Bati27

22 上で右側で終わった場合、また右から左へ
縦巻き結びをします。真ん中の横巻きはせず、左にも
縦巻きを1回します。
Bati28
23
Bati29

24
Bati30

25 カットしたら、ボンドで少し止めてくださいね!
Bati31

26
Bati32_2
最後は 前回の 「フレーム編み・基本」の32番からを
参照してくださいね。

Bati01_2

Bati02_2

Bati03_2

こんな感じでしたが、いかがでしたか?
これはワタシのやり方なので、他にも方法は色々あるかと思います。
慣れてきたら、やりやすい方法を開発してみてください!

画像の フレームの中ヘンプナチュラルは現在販売しておりませんが、
単色カラー使ってみてください。
赤いヘンプはほんとは ラスタカラーだったんですけど、赤の部分だけしか出ませんでした。笑 使う部分失敗しましたね。

使用したナチュラルヘンプは メルヘンアートさんの細タイプ・生成り と同じ感じになります。

チャムランショップはコチラ 

中ヘンプ 単色のページはコチラ

中ヘンプ グラデーション(段染め)はコチラ

使用した石はコチラのソーダライト

このページに掲載されている文章・写真の無断転載を禁止します。

|

2017年2月16日 (木)

フレーム編み・基本

フレーム編み、まだチャレンジしてない方の為に・・

実は私も最近頑張ってる程度なのですが、一緒に頑張りましょう!
1か月くらい毎晩やって、なんとかまとめ方がわかってきたみたい!

では、始めます~。
目標はこんな感じです。
ワックスコードじゃなくて、ヘンプかリネンでやるのです!
Dsc08896bl

石はチャムランで販売中のこういうタイプのソーダライトを使用して説明しています。
300円と安いので、練習用にいかがですか?
ヒーリングストーンのページはこちら
Dsc07772

1 まず、基本のこちらを編みましょう。
Frame0

2 用意する素材。
石の大きさは2.5cm×2,5cmなので、厚さも無いですし
一般的なカボションやルースタイプより小さ目です。
なので、当店の「しっかりリネン」で太さが細いタイプのものです。
(中ヘンプを使用する時は石の大きさが3~3.5cm位あるといいです。)
編み紐の長さは、大きな石になったら140cmか160cmと
長くしてくださいね。
Frame1

3 紐をセットします。
ノッティングジョイを使用して説明してます。
(下記にコルクボードの場合もあります。)
Frame2

4 または、コルクボードにクランプで押さえてます。
 ホームセンターで4個セットで500円しなかったと思います。
Frame21

このコルクボードはメルヘンアートさんのです。
私は普段使わないので、10年前に購入したものですが、
まだキレイでした。
あとは、バインダーなどを使う方もいますよね。
Frame22

5ノッティングジョイに戻ります。
下の紐は少しは動いてもいいですが、上は動かない方がいいです。
Frame3

6 120cmの編み紐を20cmと100cmのところで折ります。
Frame4


Frame5


Frame6

9 タッチング編みしていきます。
分かる方は流し見していってください~。
Frame7
10
Frame8
↓じっくり見てください~。
Frame101

11
Frame9
12 石を置いて、真上から見た時に左右の結び目が見えるといいかな
と私は思っております~。
ここで広いな、狭いな、と思ったら少しほどいて締め直してください。
Frame10
13
Frame11
14 指で押さえながら結び目をしっかり固定するの、大事です。
特にヘンプやリネンはゆるくなりがちなので、意識しましょう。
Frame12
15
Frame13
16
Frame14
17
Frame15
18 9番からの繰り返しです。
Frame16
余談です。
Frame17

19 半分編めたかな?
Frame18

20 
Frame19

21
Frame20
22
Frame21_2

23 この時の結び方は、このページの一番下にあります。
Frame22_2

24
Frame23

25
Frame24

26 バチカン(ネックレスコードを通す部分)を編む時、
慣れてる方は押さえないかもしれませんが、石を固定した方が
断然編みやすいです。
Frame25

Frame26

27
Frame27

28
Frame28

29
Frame29

30
Frame30

31 この時、石の表側は上になってます。
Frame31

32
Frame32

33
Frame33

34
Frame34

35 この時の結び方は、このページの一番下の方法です。
Frame35

36
Frame36

37
Frame37

39
Frame38

40  もう一度34~37番です。
Frame39

41
Frame40

42
Frame41

43
Frame42

44
Frame43

編み目の間隔を開けて、こんな感じにも出来ますよ。↓
Dsc07769fb

Dsc07771
※現在真ん中の細ヘンプは販売終了しております。
お持ちの方は参考になさってください。

次回は バチカン部分を平編み以外で編むタイプを
アップ出来たらなーと思っています!

飾りバチカンはコチラのページです。
Bati0_2

***************************************************
縦結びにならない結び方。※ミサンガを腕に結ぶ時など。

①まっすぐにした状態から
右の紐と左の紐を交差させます。
このとき、右の紐が左紐の上になります。

そして、右の上の紐を(左の紐は動かさなくてよい)
下の左の紐にくるっとまわします。
P1100575


P1100576

③そうして今度は逆をします。
右を下にして、左の紐を右にくるっとします。
(マステは気にしないでください。撮影の為に押さえただけです)
P1100577


P1100578
こうなってます。

P1100579
こう結べます♪

私はいつも「右上、左上」って言いながら結びます。
娘の髪のゴムもこれで結びます。
なんでも紐を結ぶ時はこれです。縦結びになりません。

このページに掲載されている文章・写真の無断転載を禁止します。

 

| | コメント (0)