« フレーム編み・基本 | トップページ | 中ヘンプでハートのヘアゴム »

2017年2月21日 (火)

フレーム編み・飾りバチカン編

前回のフレーム編みで天然石全体を包むことが出来たら、飾りバチカンに挑戦しましょう!

※あくまでもチャムラン・hiroの編み方になります。
正解はないので、参考にしてくださいね♪

まだフレーム編みをしてない方はこちらです。→「フレーム編み・基本

Bati0
こんな感じです。
こちらは、前回と同じ石を使っています。
中ヘンプで包んでみました。
太いかなーと思いましたが、これでもいいかも!
今日はチャムランの中ヘンプを使用して説明しますね!

今回はバチカン部分に紐を使うので、基本の編み方に芯はプラス20cm
編み紐はプラス50cmしました。
なので、芯70cm×2本、編み紐170cm1本です。
(あと10cm短くてもよさそうですけど、最後に結ぶ時に少し長さがあった方が結びやすいので。)
そして、前回は20cmのところからフレーム編みを開始しましたが、
今回は30cmのところから始めてください。

1 前回の「フレーム編み・基本」で24番まで終わったところです。
Bati01
編み紐は長くしているので、片側は長く残っているはずです。
私の場合は左側になるように置きました。

2 上の画像に書いてる、編み紐だった紐・・の長い方を
編み紐で使っていきます。
編み紐を手で持って、左側の外へ置きます。
左側上下の芯紐だった紐を2本一緒にまた芯にして、縦巻き結びをします。

Bati02
イラストの左の方です。
縦巻き結び(左から右へ)
Tate1

Bati03

4 同じ編み紐で続けてもう一度。
Bati32
上のイラストの右側です。右に引っ張って引き締めます。

5 上で作った縦巻き結び一回の横に、横巻き結びを1回します。
Bati04


Bati05

イラストにすると、こうなります。
Dsc_1998
7 ここまでで、縦巻き1回・横巻き1回になってます。
Bati06

8 また左から右への縦巻きです。
Bati07
Bati08
10
Bati09
画像でわからない場合は、イラストをご覧くださいー。
Dsc_1999

11 縦巻き1回・横巻き1回・縦巻き1回と並びました。
今度は右から左へと戻ります。
Bati10

11
Bati11

画像がわかりにくい方はイラストをどうぞ!
Tate2
縦に、縦巻きが2つ重なることになります。

12 次は横巻き・・なのですが、
ここで、カラーヘンプをプラスします。50cm1本です。
Bati12

13
Bati13

14 
Bati14
15
Bati15
  続けて↓↓です。

16 
Bati16
これで引き締めます。
※11番の下のイラスト参照です。
16
Bati17
17
Bati18
18 赤い紐が2本なので、横巻きは2回編むことになります。
Bati19
※6番の下のイラスト参照です。
Bati21
19
Bati22
20 縦巻き1回・横巻き2回・縦巻き1回 という並びになります。
Bati23

21
Bati27

22 上で右側で終わった場合、また右から左へ
縦巻き結びをします。真ん中の横巻きはせず、左にも
縦巻きを1回します。
Bati28
23
Bati29

24
Bati30

25 カットしたら、ボンドで少し止めてくださいね!
Bati31

26
Bati32_2
最後は 前回の 「フレーム編み・基本」の32番からを
参照してくださいね。

Bati01_2

Bati02_2

Bati03_2

こんな感じでしたが、いかがでしたか?
これはワタシのやり方なので、他にも方法は色々あるかと思います。
慣れてきたら、やりやすい方法を開発してみてください!

画像の フレームの中ヘンプナチュラルは現在販売しておりませんが、
単色カラー使ってみてください。
赤いヘンプはほんとは ラスタカラーだったんですけど、赤の部分だけしか出ませんでした。笑 使う部分失敗しましたね。

使用したナチュラルヘンプは メルヘンアートさんの細タイプ・生成り と同じ感じになります。

チャムランショップはコチラ 

中ヘンプ 単色のページはコチラ

中ヘンプ グラデーション(段染め)はコチラ

使用した石はコチラのソーダライト

このページに掲載されている文章・写真の無断転載を禁止します。

|

« フレーム編み・基本 | トップページ | 中ヘンプでハートのヘアゴム »